レーザー脱毛に副作用はあるの?

レーザー脱毛に副作用はあるの?

イメージ

レーザー脱毛、施術を受けるにあたって、一番気になるのが、肌や毛乳頭に刺激をあたえて、副作用が出ないかどうかです。基本的に医療レーザー機器は、安全性を一番に考慮されていますので、体に悪い影響をもたらすことはまずないと思われますが、レーザー機器の出力レベルを間違えると、肌にやけどや色素沈着を起こすことがあります。

 

だからこそ、適切な医療、医師免許をもっている人が医療レーザー機器を扱うことが必要なのです。

 

状態によってはレーザー脱毛を断られる場合も

体の調子が悪い、持病がある、皮膚にトラブルがある、女性で妊娠中である、などの状態の人は、レーザー施術を断られることがあります。また基本的に過度に日焼けした肌は施術中にやけどをする可能性があるので、レーザー脱毛は不可になります。

 

肌トラブル発生時には医療クリニックに相談を

レーザーの種類によっては、施術前にジェルを塗って保湿したり、麻酔クリームを塗ったりして施術の痛みの緩和をしたりできます。ときに肌にとっては、レーザー脱毛は刺激が強く、治療後、毛包部に発赤や浮腫が生じる場合があります。それらの反応は、施術後1〜2日で自然に消えていきます。

 

もし施術後の肌トラブルが酷いようでしたら、すぐに施術者に報告して処置をしてもらいましょう。肌が慣れないうちは、赤みや痛みが続くことがありますが、それが数日以上続くようならレーザー治療は肌に合わないのかもしれません。その点も、医療クリニックなら、肌の専門家ですので適切な事後処理ができます。

 

肌が弱い人でも安心して施術が受けられる

アトピー性皮膚炎やアレルギー、にきび肌など、ムダ毛以外の悩みを抱えている肌でも、皮膚のスペシャリストが施術してくれるなら、安心です。あなたの肌にとって、ベストな処置、そしてレーザー脱毛機器を選んで施術してくれますし、経験豊富な施術者が最善の治療をしてくれます。

 

また漠然と肌が弱い人でも、光脱毛よりもレーザー脱毛なら、施術回数が少なく永久脱毛処理が完了できますので、より安心、そして効果の高い脱毛方法と言えます。レーザー照射をすることによって、毛根部分に害があるとか、体に悪いとか、そういった事は無いので安心して施術を受けて良さそうです。